メインメニュー
検索

ブログ - 最新エントリー

祖芳です

昨日20日にさいたま市浦和で開かれている「さいたま座禅会」に参加しました。

30分の座禅を2回行い、その後茶話会に移ったとき、女性会員から男性の参加者に

チョコレートのプレゼントがありました。

さいたま座禅会は毎週水曜日に開かれています。今年のバレンタインデーは木曜日なので約一週間の遅れとなりました。


勿論、このようなプレゼントが用意されているとは男性の参加者は全く予想していませんでしたので素直に喜びました。

 

「座禅の会だからバレンタインデーは関係ない。」なんて野暮な発想は人間禅にはありません。会員は普通の暮らしを営んでいる、普通の人達です。ご安心して座禅会に顔を出してください。

                           合掌

 

 

 

 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (47)

バレンタイン座禅組の皆様へ

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2019/2/12 22:26

祖芳です

件名ですが、またもや異性に縁のない男性が困る日が来ました。

クリスマスイブから2か月も経たないのに、神を呪いたくなる人も多いでしょう。

でも厳しい神様と違い、仏様は慈恩に満ちております。

ここはひとつバレンタインに座禅が組める人間禅の禅会はないか探してみました。

何と福岡支部が29日(土)より16()まで摂心会(合宿形式)の座禅会を行っています。詳しくは下記リンクを参照願います。

https://ningenzen-fukuoka.jimdo.com/%E6%91%82%E5%BF%83%E4%BC%9A%E3%81%AE%E4%BA%88%E5%AE%9A/

 

「バレンタインデーはチョコレート会社の陰謀」と悪態をつかないで、ここは仏祖の

慈恩を全身で感じる良い機会と割り切り参加してみるのもいかがでしょうか。

福岡と言えば日本有数の大都会。「座禅組」予定の方も多いと思いますが、

ここはひとつ、出かけてみましょう。

 

なお、他にも東京谷中(日暮里駅徒歩3分)の擇木道場も、ほぼ毎日座禅会を開催していますので、出かけてみればよいかと思います。下記リンクを参照願います。

http://takuboku.ningenzen.jp/

 

他にも全国の座禅会に下記リンクから問合せ願います。

http://www.ningenzen.jp/

 

皆様に仏祖の慈恩がいきわたりますように。

 

 

                           合掌

 

 

 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (52)

2月3日静坐会 その2

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2019/2/11 8:09

春草です。

ご夫婦で参加されている方のご紹介で、新しい方もおいでになりました。

私は三人ともお若いのが気になり、率直な質問をさせていただきました。

「私は50代半ば頃、生きているのが辛くて苦しくて藁にもすがりたい思いで

いたときに禅に出会いました。皆さんは?」

突然だったので皆様躊躇されたのだと思います。

お返事がなかったので私は続けさせて頂きました。

「私は座禅をし、学び続けることで『目から鱗』というか

色々なことを気付かせていただきました。

当初は出会いの何もかもに衝撃を受け、身動きできないほど抱え込んでいた

悩みや苦しみなどは小さな塵となり、どこかに吹っ飛んでしまいました。

あの時の、あの出会い、あの感動と喜びさえ忘れなければ

これから先どんな事があっても前を向いて生きていけるという確信の下

座禅を続けております。」

というようなことをお話しさせていただきました。

途中言葉足らずの所は、高鶴さんがフォローして下さいました。

皆様の、ご意見・お考えをお聞きする時間が無かったのが残念でした。

これからも新たな出会いを楽しみにしております。

                           合掌

 

 

 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (31)

2月3日静坐会

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2019/2/3 17:38

祖芳です。

寒い日が続いています。

最近ご夫婦で見えられるようになった方が、

新たにお知り合いの方を連れてこられました。

以前からの皆さんも合わせて7名で座りました。

ご夫婦の方も来られて間もないのに、わざわざ私たちの座禅会に

知人を紹介していただけるとは有り難い限りです。

私たちもこのような新到者の皆さんの期待を裏切らないように

日々精進をしていきます。

 

 

 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (64)

1月27日静坐会

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2019/1/28 22:35

南苑です。

厳しい寒さに見舞われましたが古参の静座会参加者のご紹介で

初めての方が参加されました。茶を1服差し上げて楽しく歓談後静坐しました。

3月の摂心会にお二人で参加くださるようお願いしました。

風邪を召さずに楽しい春を迎えましょう。

 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (59)

座禅組

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2019/1/27 11:11

祖芳です。
Twitter
を眺めていたら「座禅組」という言葉がしばしば出てくるのに気が付きました。
調べてみると(tweetの前後関係を読めば調べるほどでもないが)、
「クリスマスだというのに一緒にいる彼女・彼氏がいないので

仕方なく座禅を組む人たち」というような意味だそうです。
私としては「座禅組」大いに結構です。理由は以下の通りです。

せっかくですから一人で座禅を組むより、「人間禅」に出かけて仲間たちと座禅を
組みましょう。クリスマスを待つまでなく、「彼・彼女」が欲しい人は今すぐにでも
お近くの人間禅の座禅会に出向いてください。

実は、独身の男女の会員も結構いますので、お互い精神的に同じ興味を持つ身の上故
結婚まで至る会員が意外といるのです。

会員同士だけでなく、周囲の会員がお似合いの異性を紹介してくれる場合もあります。
また、仏具店に買い物に出かけたときに、店員さんと意気投合して結婚に至った例も
あります。

それよりも、人間禅の単なる「座禅会」に留まらない摂心会などの修行を通じて
日々の心身状態が良くなり、また人間関係・人付き合いのノウハウも無意識に
身に着くことで、入会当時は見るからに異性に縁が無いような方々が、やがて
人間的魅力を発揮するようになり、自然と配偶者に恵まれる例は、会員の多くが
見聞しています。
 禅の修行は「本来無功徳」とは言いますが、集団で修行や作務をすることで
結果的に人格の向上につながります。
 人間禅への入門の動機はなんでもかまいません。「モテたい」という動機の方も
遠慮なくお越しください。
 

 
                                     合掌
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (67)

新年一泊参禅会・新年互礼会の報告

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2019/1/14 11:29
祖芳です。
正月早々、人間禅仙台禅会では一泊参禅会・新年互礼会を開催しました。
新年互礼会を松の内に行うのは、市川市国府台の本部道場をはじめ珍しくありませんが
一泊参禅会まで行うのは珍しいと思います。
会員には帰省中の方もおり、参加者が少ないのではと思いましたが、初参加ながら
宿泊・座禅・食事(これも作法がある)をこなされた方、さらに参禅をされた方、懇親会に顔を出された方(それだけでも大歓迎です。人間禅のモットーに「楽しく・仲良く」とあるので、それを実践されているからです。)もおり、逆に松の内の休暇を利用して、顔を出してみる参加者が多かったようです。
仙台禅道場は一般住宅を借りているもので、全く寺院の建物とは違います。しかし、そのような一般家屋を利用することは「在家禅」の理念にも適っているのではと思います。
人間禅は思っているほど敷居は高くありません。いかなる動機でも構いませんので
思い立ったら是非、仙台禅道場に連絡願います。
 
                                     合掌
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (54)

新年のご挨拶

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2019/1/2 16:40
祖芳です。
新年明けましておめでとうございます。
今年も人間禅仙台禅会は皆さまと共に活動をしていきます。
昨年夏から南石切町の仙台禅道場は仙台禅会のみで利用しており、より活動がしやすくなっております。逆に昨年は南材コミュニティセンターが改修工事を行っており、こちらでの座禅会は中断の止むなきに至っておりました。
今年は改修工事も終了して例年通りに座禅会を行えると思います。
 
年明け15()6()と一泊静座会、新年互例会(年頭挨拶式及び懇親会)を
予定しております。
スケジュールは本サイトのトップページに張り付けておりますのでご覧ください。
初めての方は、宿泊付きでの丸二日間の参加は難しいと思います。
これらの予定から、ご自身の興味・ご自身の都合の良い時間帯を選んで
遠慮なく参加していただければ幸いです。
禅の修行は特別なものでも、苦痛に満ちたものでもありません。
興味を持たれた方はご自身の眼でご確認願います。
そのほかにも週末を中心として座禅会やお茶の会を開催しております。
皆さま遠慮なく参加願います。
 
                                     合掌
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (68)

第28回仙台禅会摂心会が開催されました

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2018/12/11 20:39
祖芳です。
1129()夜から122()午前中まで、摂心会(合宿形式の座禅会)が開かれました。
折しも仙台も寒さが厳しくなり始めましたが、参加者は皆参禅弁道に励みました。

 
さて日本では、お釈迦様は128日の明け方に悟りを開いたということになっています。
この日を「臘八」とよび、禅堂ではその故事にちなんで徹夜で座禅を行います。
一般人の集まりである人間禅では、寺院のようにはいきませんが、週末には
徹夜で座禅をする座禅会も多いです。
 
仙台禅会は昨年までは、普通の摂心会同様、特に徹夜で座ることはありませんでしたが
今年は会員の中から「今年は徹宵静座をしよう。」という声が上がり、
土曜夜から
徹夜座禅に挑戦いたしました。
徹夜といっても、途中で大休止を取り軽食をいただいたり、
あるいは立ち上がって堂内を歩いたりで、思っているよりは疲れを感じません。
結局風邪気味で別室で休んだ一名を
除いて参加者は皆徹宵静座を完遂いたしました。
 
また今回は摂心会の一週間前から老師が仙台禅道場に入山され、
禅に興味がある方と面談をしたり、座禅指導を行いました。

面談者の中から、3名ほどが摂心会に参加され、座禅や作務、
さらに作法のある食事を経験されました。新しい参加者は皆得るものがあったようです。


一般社会人・学生によって構成される人間禅は、
各人の都合に合わせて行事は出入り自由です。
禅に興味のある方は遠慮せず参加ねがいます。

                                     合掌
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (99)

映画「日日是好日」

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2018/11/4 12:20
祖芳です。
人間禅は「茶道」も大切にして、禅の一分野として積極的に取り入れています。
仙台禅道場でも茶道の稽古ができることは、
このサイトをご覧になった方ならご承知のことと思われます。
この映画は樹木希林の事実上の遺作として、思わぬ形で有名になり
観客も順調に増えているようですが、私も公開初日に劇場に足を運びました。
今の映画はカメラの発達で、かってのような過剰なライティングが不要となり、
画面の陰影を忠実に再現しております。
これは日本文化に通じる「わび・さび」の映像化には大変都合がよく、
本作でも余すところなくこの利点を利用しています。
映画はともすれば脚本や役者さんに目に行きますが、このような
「映画だけでしか表現できない」撮影技術などにも目を向けていただくと
もっと楽しめます。
難を言わせていただければ、茶道初心者が犯す過ちを、本作では披露しすぎです。
この辺はもう少し短くてもよかったです。
本作でも掛け軸や額の言葉は重要なポイントとなっております。
これらのほとんどは禅語であるので、人間禅に通うと茶席での「禅語」も
心身に染み入るようになります。
 
本作鑑賞直後、全国の人間禅の皆さんと茶席を一緒にする機会がありました。
その時本作を話題に出したところ、多くの同席者が「私も見るつもりだった。」と応え、
更に原作に目を通している人も多いのには驚きました。
 
「何かしたいが自分でもわからない。」という皆さん。
ぜひ人間禅にお越しください。人間禅で気付くことはあまりにもあり
必ず「したいこと」が「わかる」ようになります。
 
 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (163)