メインメニュー
検索

ブログ - 最新エントリー

お世話様です。
第22回仙台禅会接心会が厳修されました。(6月8日~11日)
厳しい中にも軽やかに穏やかな仰月庵老師のご指導のもと無魔円了いたしました。
今回、静坐会より3名、紹介で1名の方が朝茶(茶会)と懇親会に参加されて
まことにありがたく思います。

このような幸運に巡り合わせていただきました
総裁老師様、千鈞庵老師様、仰月庵老師様、仲野暁山居士様、
人間禅の皆々様に深く感謝申し上げます。

朝茶(茶会)では、雨に打たれた紫陽花・華麗な草花が風情を添え
一会に結ぶ世界がより一層美しく感じられ、
これから更に更に輝きを増すよう強く願っています。

仙台禅会 南苑 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (25)

もっと早くから知っていればよかった

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2017/6/18 10:26
祖芳です。

仙台道場に限らず、人間禅に来られる方の多くは
「もっと早くからしっていれば良かった」という感想を述べる方が多いです。

専従会員を持たない地味な禅サークルゆえ知名度は高くありません。
ネットの時代になり不特定多数の方に直接語り掛けるようになりましたが
それ以前は、会員の口コミ、道場近辺での掲示・広告などが
宣伝の主体でした。

勿論、会員たちも熱心に宣伝をすればよいのですが、
多くの人は「宗教」に関して身を構えるもので、
会員が「実はこんな所があり、私も通っているのだが」と
切り出すまでは大変です。
相手が禅や人間形成に興味があることを察知しないといけないからです。

若いとき(人間禅は原則として入会は18歳以上)から知っていれば
より良き人生を過ごせたかもと思っている会員は多いかもしれません。

しかし、それは詮無き事。

今、この時「禅を始めようか」と思えば、お近くの道場や連絡先に
迷わずにコンタクトしてください

年齢の上限制限はありません。
私の知っている限りでも、80歳を過ぎてから入会された方もいます。

「体力が続かない」「きちんと座れるか心配」と思う方も多いでしょう。
多忙であるとか、障害があるとか、病弱であるとか、無職であるとか、心配無用。
人間禅は入会者一人一人にカスタマイズした修行の方法で貴方を迎えます。
多くの入会者は「先輩会員たちが温かく迎えてくれたことに感謝している。」
と述べています。

これからも人間禅をよろしくお願いします。


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (33)
祖芳です。
6月3日(土)午後に
ライブで活動されている五十嵐晴美さんの
ライブが行われました。

Twitterでは「禅道場」でのライブということで
前日から緊張されている様子がうかがえましたが、
当日はリラックスしてライブが行えました。



2年前までストリートミュージシャンとして活動していた
五十嵐さん。


道行く人を止めさせるだけの豊かな声量に感動しました。
きわどい歌詞も何の衒いもなく歌いきるあたり、
意外と人生経験の豊富さを思わせます。

例によって、参加者も一緒に座禅を開演前に組みましたが
「座禅を組んでから歌った歌は、いつもより清く澄んだ心で歌えた。
今日はいい日だ。」とライブ中にも率直な感想を述べてくれました。

ラストの曲はリラックスした様子で、畳に座ってのスタイルでした。
畳部屋の利点を利用したパフォーマンスに
会場の参加者は皆大拍手。

座禅が気に入られたようで
「また精神統一させていただきます。」と
言葉を残していただきました。






五十嵐晴美さんの公式サイトリンク

五十嵐晴美さんのTwitterリンク




なお、択木道場では志あるアーティストの皆さんに
このように演奏・発表の場を提供しております。

ライブハウスのようにチケット販売ノルマや、
動員ノルマはありません。

公共施設のように、入場料を取ると賃貸料が跳ね上がったり

物品の販売が禁止されることもありません。

詳しくはリンク先のサイトをご覧になってください。
多くのアーティストの皆さんの問い合わせをお待ちしています。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (122)
祖芳です。
17日の静座会は浦野会長が所用のため参加できず、
参加者に影響があるかと思われましたが、開催してみると
10名を超す参加者がおり、会場は熱気に包まれました。

今回も南石切町町内会長にも参加していただきました。
常連の皆さんも多く、新しく来られた方も満足できたかと思います。

特に町内会長におかれましては、仰月庵老師に仏教に関する質問を
次々と出され、また老師も会長が納得いく返答をされており、
そのやり取りに会場は大いに白熱いたしました。

今回も男女比はほぼ同じでありました。女性の方は男性が多いと躊躇する
方がおられると思いますが、仙台禅会は以前より女性の比率が多いので

安心して足をお運びください。

午後は場所を近くの仙台道場に移して参禅会を行いました。
こちらも入会者を中心に7名の参加者がおりました。

参禅会終了後は、老師を交えて禅の方法や仙台の話をしました。
人間禅は「ただ座るだけでないので厳しい」と言われますが、
一方で会員どうしの交流は大変盛んで気のおけないものです。

なかなか腹を割って話せる友がいない・ほしいという方は、
遠慮なく人間禅にお越しください。

よろしくお願いいたします。

合掌



  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (43)
 仙台禅会では区の会館で月二回行われていた一般向けの座禅会の内一回を道場で行うことになり
それが5月13日から始まった。

一般向けの座禅会では、15分の坐禅を2回行うが、
この座禅会からは45分×2の二炷香となり
坐禅が何よりも好きなと言う訳ではないが
自分の生活に極めて有益なことと思っているわたしにとって望ましい集まりとなった。

この日は、わたしと秋草さん、春草さんの三人が集まった。
参禅が行われないので、5分の休みを挟んで只管打座が90分行われたことになり
素晴らしい体験となったと思われる。
午後からはお茶の稽古が行われる予定だったが今回は無かった。

仙台禅会での泊りがけの参禅会がない月の2回の集まりでは、
月一回の参禅も含め2回とも午前と午後にも予定が組まれることになり、
毎週だととても参加できないであろうわたしにとってとても望ましい形となった。

佐々木見心
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (82)

牛タンをふるまう

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2017/5/9 20:39
祖芳です。
毎年恒例の、市川市にある本部での5月連休を利用した接心会に参加しました。
行事が終わるとお楽しみは、全国の支部・禅会が持ち寄った模擬店です。
ここでも仙台名物の牛タンは人気でした。
焼きあがるたびにすぐに行列ができます。


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (62)

4月の座禅会報告

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2017/4/29 16:53

祖芳です。
4月22日の「座禅とお茶の会」は盛況に終わりました。
「座禅会の入り口に置いてあるチラシを見て来ました」という方がいました。
ネットでの広報も大切ですが、古くからの方法でも有効なことが確認できました。

5月からは上旬の座禅会は座禅をする時間を長くして、
「もう少し坐ってみたい」という希望に応えたいと思います

人間禅をよろしくお願いいたします。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (79)

ライドシェア

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2017/4/8 18:48
祖芳です。

私は普段千葉県松戸市に住んでいます。
仙台禅会で行事が行われるときに仙台に向かいます。
交通機関は主に新幹線か自家用車です。
どちらも片道12,000円程度掛かり、安サラリーマンの身にはつらいものがあります。
そこで自動車で往復するときは、「ライドシェア」をすることを思いつきました。

これは相乗りをしてくれる人をネット上(専門業者のサイトがある)で探して
仙台・東京間の交通費を割り勘で支払ってもらうものです。
調べてみると、震災前から運営をしていたようで、
当時知っていたら、ボランティアの皆さんをおのせすることができ
有意義だったと思います。

これだけ車が走っているにも関わらず、登録者は少ないので
毎回うまく同乗者が見つかるわけではありません。
それでも数回は同乗者がおりました。

サイトには運転者・同乗者それぞれの評価欄があります。
幸い私は好評価を得ております。

同乗者は比較的若い世代が多く、
普段はなかなか聞くことができない若い世代の本音を聞くことができ、
貴重な4時間となっております。
勿論、疲れていて「休みたい」という方もいるので、その時は
運転手に徹し(?)、必要事項以外は声がけいたしません。

アンケートを取ってみると、約半数の人は他人を自動車に乗せることは
抵抗がないそうです。 これらの人のかなりの人が「ライドシェア」を始めると
日本人の旅行パターンが変わるのではないでしょうか。

興味を持たれた方はこちらのリンクから専門サイトに出かけてください。

「長距離ライドシェア notteco」
(祖芳は一利用者に過ぎないので、ライドシェアに関する質問等は専門サイトにお願いします。)

今後とも、人間禅をよろしくお願いします。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (61)

書籍の処分にお困りの方へ

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2017/4/1 11:21
祖芳です。
仙台道場には以前の持ち主である医学者であった
故鈴木祖道居士の書籍が残っています。
遺族がおりに触れて処分しようとしています。
一度近隣の古本屋に見てもらいましたが
めぼしい20冊ほどを抜き取って買い取っただけで
残りは引き取りをしてくれなかったそうです。

捨てるのは祖道居士の遺志に反するし、何か良い方法はないかと
ネットを検索してみたところ
「NPO法人セカンドブックアーチ」という団体を見つけました。
詳しくはリンク先を見てください。

要するに新聞・雑誌以外の古本を引き取りリサイクルする団体です。
これらには専門書・値段のつかない古書・自費出版本などでも
近隣なら出かけて、遠方なら宅配便(送料送り主負担)で
引き取ってくれるというのです。

祖道居士の蔵書がどこまでお役に立てるのか疑問ですが、
専門書や一般書籍を整理次第、発送しているようです。

これにより少しずつ道場の中も整理されています。

次は不要な置物・食器などを引き取ってくれるところを
さがさないといけないようです。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (64)
祖芳です。

岡山から上京し、東京を中心にライブとモデル活動を行っている玉村梨紗さんのライブが
3月11日に東京・谷中の択木道場(人間禅東京支部)にて行われました。
たまたま、人間禅の宣伝をツイキャス配信で行っていた会員さんが
近くのチャンネルで宣伝をしている玉村さんに気付き、声掛けしたところ
このたびの前代未聞の道場ライブとなったものです。

勿論人間禅の規則では「道場を歌舞音曲につかうべからず」とありますが
今回は玉村さんもライブ前に一緒に座禅を組んでもらうということでクリアしました。
「座禅は初めて」ということでしたが、堂に入った座り方で驚きました。
育ちの良さがうかがえます。



勿論玉村さんのファンの皆さんにも座禅をしていただきました。

続いてお待ちかねのライブ。
玉村さんの明るい歌声が、普段は鐘と板木と警策の音しかしない道場内に広がります。
今日の玉村さんはえんじ色の作務衣を着用されていました。
これは道場側で用意したのでも、また玉村さんがわざわざ用意したのでもなく、
岡山から仕事の度に上京していた時に、「観光」に訪れた巣鴨の商店街で
購入したものだそうです。禅に御縁を感じます。



20代の女性の心象風景を描いた曲の数々を堪能いたしました。
終了後はファンの皆さんとの記念撮影。

アイドルというと、メジャーデビューで「伸るか反るか」のプロモーションしか知らない
私にとって、このような手弁当同様に自分のペースで芸能活動をされている方に
初めて接することができ驚きました。
このような知らない世界を知ることができたのも「禅」の効用かと思います。

玉村梨紗さん公式サイト(リンク)

玉村梨紗さんツイッター(リンク)


なお、択木道場では志あるアーティストの皆さんに
このように演奏・発表のの場を提供しております。

ライブハウスのようにチケット販売ノルマや、
動員ノルマはありません。

公共施設のように、入場料を取ると賃貸料が跳ね上がったり

物品の販売が禁止されることもありません。

詳しくはリンク先のサイトをご覧になってください。
多くのアーティストの皆さんの問い合わせをお待ちしています。


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (254)