メインメニュー
検索

ブログ - 最新エントリー

冷蔵庫の交換

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2018/6/19 21:29
秋草です
いままで同居していたケーユーケー様が転居されたので、
仙台道場の建物は全部使用できるようになりました。
前後するように知人より「誰か冷蔵庫とテーブルと長椅子を使う人はいないか。」
と話がありました。
今まで典座(てんぞ=台所、調理係)で使用していた隷属子が古くなったことを思い出し、南苑禅子の許可を得て搬入することにしました。
典座を守るものとして、身の引き締まる思いがし、作務も楽しく行えるようです。
 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (43)
5月31日夜から6月3日昼まで、仙台禅会では仰月庵老師をお招きして
摂心会を開催いたしました。
今回はケーユーケー様移転後初めての摂心会ということもあり、これまで
事務所として使用していたスペースも使われることとなり、いつもより作務の
時間に設備の移動が割り当てられました。
提唱は「無門関」。禅を始める人にとって、初めに手に取る禅書の一つです。
老師の提唱は成り立ちから説き起こし、初めて参加された方からも
「大変わかりやすく、自分でも改めて調べてみたい。」
といった意味の感想をいただきました。

このような座禅会を定期的に開いております。
遠慮なくお越しください。

祖芳 拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (49)
祖芳です。
仙台はやや寒い週末でした。
午前中は座禅とお茶の会でした、
老師の法話は前月に引き続き「観音経」でした。
午後は有志による参禅会が行われました。

今まで接心会のない月は必ず老師が東京から来られて
お茶の会と参禅会を開きましたが、
老師の御都合もあり、今後は「お茶の会と参禅会]は
年4回になりました。
その代わり、一泊二日の日程として、さらに禅を深めたい方には
むしろ好都合なスケジュールといたします。

仙台道場での座禅に興味がある方は
今後もホームページをしばしばチェックされて、
日程の確認をお願いいたします。

合掌

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (60)

4月21日の「茶と禅の会」について

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2018/4/30 11:39
祖芳です。
今月の「茶と禅の会」は、いつもの南材コミュニティーセンターが取れず、
仙台道場で行いました。「ネットを見てきた。近くに住んでいたこともあり
道場の存在はしっていた。」という新到者が来られて一同心強い思いをいたしました。
午後からは参禅会が行われました。
夕方からは予定を変えて参加できる人だけで懇親会。
仙台道場に一緒に入居しているケーユーケー様が、業務拡張のため移転されるのを受け
仙台道場だけで今後は利用することとなり、今後の行事の運営方法などで、
熱く議論が交わされました。

夏場からは座禅会を定期的に開きたいと思います。
よろしくお願いいたします。

なお、南材コミュニティーセンターが大規模修繕に入るため
事実上今年度は使用できません。

荒町のセンターなどほかの場所をお借りして座禅の会を開きたいと思います。
よろしくお願いいたします。


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (59)

3月31日の法話の感想

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2018/4/5 22:57
会員の春草さんに法話の感想を書いていただきました。

今回の仰月庵老師様の法話は「二宮尊徳と禅」と題して、
なぜ尊徳を取り上げたのか、尊徳の人物像、何をしたのか、
生涯・思想をお話してくださいました。
その中の尊徳の思想についての感想を書かせていただこうと思いましたが、
今回何故か書かせていただければ、書かせていただけるほど
自分の高慢さが見え隠れして書けなくなりました。
唯一、思想の中に「神儒仏は本来一なり。」とあり
救われたような気がしてホッとしました。
尊徳の思想はあくまでも農民としての実践に基づいていると
ありましたが、禅でもよく言われます
「禅は実践あるのみ。禅学になるな。」と
今回の法話はそんな自分への戒めでもあり、
有難く聞かせていただきました。
                       合掌

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (69)
祖芳です。
遅くなりましたが、この日朝から開かれた「茶と禅の会」
参加者は8名でした。
この日はお茶の稽古を兼ねた座禅会故、出席者数が心配されましたが
昨年から来られるようになった方。古くから来ており最近また来られるようになった方、様々な
方が来られました。半数以上が女性で占められていました。
「禅」というと男性中心に思われますが、仙台禅会は女性の参加者が多いのが特徴です。

おそらく指導者格の方が女性なので、女性の皆さんが安心して足を運ぶものと思います。
もちろん男性も大歓迎です。人間禅のほかの支部・禅会では人間禅で知り合い結婚に至った方が
古くから見られます。夫婦共通で出かける楽しみがあるのは
年を重ねるにつれてよいものと思います。

年齢性別職業にかかわらず遠慮なく、人間禅仙台道場にお越しください。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (97)

2月の接心会が行われました

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2018/3/17 9:36
まだまだ寒い日が続いています。
2月15日から18日まで極寒の仙台道場にて第25回目の接心が仰月庵老師を
お招きして行われました。
 
今回は、会員中心ではありましたが、大変熱気のこもった接心会であったと自負しております。
また、接心の場を借りて、2011年秋から仙台禅会と共に仙台道場に事務所を置いておりましたケーユーケー様が業務拡張のため手狭になった仙台道場から、5月頃を目途に移転することが発表されました。
会員一同驚きましたが、逆に移転後はいつでも遠慮なく道場の施設を使えるようになることに気が付き、「とにかく週に一度は道場に集まり、座禅会・お茶会を行おう」との声が
会員の皆さんから沸き起こりました。中には「道場の高い天井を利用して、剣道の稽古を
しよう。」という元気溢れる方もおりました。
初めてこられる方にとっても「いつも誰かが修行している」という事は
気軽に足を運べることとなります。
これからも人間禅仙台道場をお願いいたします。
 
 
                               文責 祖芳
 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (106)

1月の座禅会・参禅会

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2018/1/28 16:09
祖芳です。
一月の静座会はまず、14日に行われました。
地元在住会員の皆さんで道場内外の手入れ、茶道の稽古を行いました。
仙台道場を会場に始めたころは、新到の方も来られず
1人だけで作務と座禅を行っていたものです。
それが今では、地元会員だけで運営ができるようになりました。

21日には恒例の老師をお招きしての、南材コミュニティセンターセンターでの
座禅会・講話・午後からの仙台道場での参禅会を行いました。
新到者の方に人間禅に来られた動機を尋ねると
先週初めて来られた方から「座禅をするのにふさわしい会」と紹介されてこられたそうです。

会員の紹介で来られる方は多いですが、
前回来たばかりの方が、私たちを好意的に評価して
禅に興味のある方に紹介していただいたとは、誠にありがたい限りです。
私たちも新到の方のご期待に添うようにますます精進したいと思います。
これからも人間禅をよろしくお願いいたします。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (238)

新年あけましておめでとうございます

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2018/1/7 18:12
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
 
七草がゆも終えてからの新年の挨拶とはお叱りを受けるかもしれません。
今月の仙台禅会の行事は中旬以降が中心となっております。
他の人間禅の禅会・支部ですと、三が日に集まって新年互例会を行う所も多いです。
わたしとしては一日も早く、正月一週目には
互例会を行いたいような体制を作りたいものです。
 
さて、今年は仙台道場で本格的に禅の修行を始めて6年を越します。
仙台禅会としても今まで築いた伝統の上に、更に新しい試みを行いたいと思います。
人間禅の年度初めは5月からですので(5月の大型連休に千葉県市川市にある本部道場に関係者が集まり年度の会議を行う)、まだ公にできないことも多いですが、少しでも
皆さんに「禅」を伝えていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。
                               文責 祖芳
 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (142)
さる12月3日の日曜日、
いつもの南材コミュニティセンターにて、
「お茶と禅の会」が開かれました。

今回は中心メンバーが急な仕事で欠席したにもかかわらず
初めての方2名を含む14名の参加があり、
和室に二列でぎっしりと坐りました。
今回久しぶりに「河北新報」の夕刊の広告を再開したところ
広告を見て、2名の方が久しぶりに顔を出していただけました。

座禅の後は、仰月庵老師による
「観音経」の講話を拝聴いたしました。
さらに抹茶と地元の和菓子店「つぼ屋」のお菓子が
振舞われる中、質疑応答が行われました。

今年はコミュニティセンターでの座禅会は
終わりますが、17日の日曜日に
仙台道場で「お茶と禅の会」が開かれます。
皆さま、奮ってご参加願います。

祖芳 拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (187)