メインメニュー
検索

ブログ - 9月30日のお茶と禅の会に参加して

9月30日のお茶と禅の会に参加して

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
仙台禅会 2017/10/12 21:53
参加された春草禅子の感想です。

仰月庵老師様の法話をお聴きしながら、思わず涙してしまいました。
ガンになり長くない余命を告げられたK氏(50代前半)が、悲しみと絶望の中で
「生きるとは・死ぬとはどういう事なのか。」、ガンと向き合いながら、自らに
問いかけていくという内容のお話でした。
K氏が自ら掴んだのは「死には実体がない。」
「死を乗り越えるには、今を懸命に生きるしかない」
という結論でした。私は思いました。K氏は
この一呼吸、一呼吸の中に生死と仏を見、仏と共に生きるという
永遠の「いのち」をえたのではないか・・・・・と。
拙い私の人生経験から悟りめいた事を書かせて頂くのは、
もの凄く勇気が要りましたけれど、自分の理想の世界でもあり
嬉しくなりつい書かせて頂きました。
でもK氏の本当の心境は、誰も誰も測り知る事など
出来ないのではないかと思います。

今回も、心に残る良いお話を聴かせて頂き有難うございました。

                               合掌





  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (59)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する